2018.02.24 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.09.21 Thursday

    ダミーでイノシシに嫌がらせ。

    1


    にほんブログ村


    自然農法ランキング

     

     前に購入しておいたイノシシ用のくくり罠を出してきました。

     

     ミーコ様も微妙に警戒しています。

     

     マルチをはがして、その下に罠を置きます。もちろん猟期では無いので、

    ちゃんと仕掛けるわけではありません。

     

     

     マルチを戻して罠を見えなくしておきます。

     

     「見えないけど、罠の臭いだけする不気味な畑。」が完成です。

     

     サツマイモを守るため、イノシシの気持ちになっての嫌がらせです。

     

     こちらは土を掘って埋めました。イノシシにとってはかなり不気味だと思います。

     

     お金をかけて電柵を張るのもいいのですが、チープな方法でもひと工夫して、

    手を変え品を変えして嫌がらせし続ければけっこう警戒して野生動物が

    来なかったりします。

     

    JUGEMテーマ:自給自足

    JUGEMテーマ:今日のこと

    JUGEMテーマ:にゃんこ

    2017.07.09 Sunday

    さらばブヒ君! 〜閲覧注意?にっくき仇敵の最後。〜

    0

       本日は、なかなか衝撃的な出来事がありました!

       

       昨日、実家から帰ってきた直後に、近所の酪農家さんTさんにおねだりして

      牛さんの主食である発酵食品”サイレージ”をイノシシの罠餌としてもらってきました。

       

       サイレージはデントコーンに色々混ぜてから、サイロに貯蔵して発酵させた餌です。

       

       もらったら、さっそく裏山にある箱罠に撒いておきました。

       

       とってもいい香りがするので、きっと百戦錬磨の畑荒らし犯人「ブヒ君」も

      たまらなかったのでしょう。

       

       今朝、寝坊した私は5時に、畑で収穫を終えてきた妻に起こされました。

       

       「収穫作業していたら、山の中から小さな変な音がするから、イノシシじゃない

      小さな生き物が罠にかかっているかも知れないよ。」

       

       タヌキかハクビシンかな〜と思いながら、朝食後に見に行ってみると・・・。

       

       「タヌキかハクビシンだなんてとんでもない!」と言わんばかりに小山のような

      イノシシが、箱罠が小さく見えてしまう程の迫力で入っています。

       

       恐らく我が家の畑を掘り返したり、マルチを踏み抜いていたあのブヒ君でしょう。

      地域の有害駆除班長Sさんが「100kgぐらいある大物だね。」って足跡を

      見ながらおっしゃっていたので間違いないと思います。

       

       これだけの大物がなぜ小さな音?と思ったら、賢いブヒ君は体当たりなどは

      しないで、箱罠の扉を開こうと鼻先で扉を押し上げる作業を繰り返していました。

       

       その有害駆除班長Sさんに、さっそく電話しました。

       

       「箱罠にイノシシかかりました! 止め刺しお願いします!大きいです!」

       

       「わかりました。後で行きます。危ないので離れていてください。」

       

       とりあえず連絡がついてホッとしました。

       

       まず、イノシシの運び出しの時に邪魔になりそうなトラクターを移動。

       

       それから、今朝は、地域の奉仕作業があったので、軽トラで現地に行って、

      イノシシが掛かったので奉仕作業を抜けさせて下さいとお願いしてきました。

       

       イノシシが減るのは地域の皆さんも望むところなので、快諾して頂けました。

       

       それからは、有害駆除の皆さんが来てくれるのを農作業しながら待っていましたが、

      山の方からカシャカシャ物音が聞こえたり、逆に全く聞こえなくなったりで、

      すごく落ち着きませんでした。

       

       しばらくして、一台の有害駆除ステッカーを貼った車が来ると、そこからは次々と

      総勢4名のベテランハンターの皆さんが来てくれました。

       

       ブヒ君はやはり化け物だったようです。ベテランハンターの方が、頭に数発の

      直撃を撃ち込んでも倒れませんでした。

       

       撃ち込まれながらも、助かろうと扉を開けようとする作業を激しく行っていました。

       

       一回はは全開に近いくらい扉が跳ね上がりました。見ていた私はかなり

      あせりましたが、幸いにブヒ君が鼻先を扉の下に入れる前に扉は勢いよく

      落ちてくれました。

       

       二桁撃ち込んだかな〜と言う頃になって、ようやくバッタリと倒れてくれました。

       

       倒れてからも、かなりの間手足を動かしていました。

       

       やはり、ハンターの皆さんも扉が一瞬でも全開したのは、問題視したようで、

      どうやったら、開かなくなるかの対策を色々と教えてくださいました。

       

       ブヒ君を山から降ろして、有害駆除隊の軽トラに積み込みました。

       

       ブヒ君は残念ながら成獣オスなので、夏場は特に美味しくないらしくて、

      解体する価値すら無いそうです。

       

       ジビエを楽しめるかと言う期待は、はかなく消えていきました。

       

       

       皆さんが帰られて、他の用事をしてから午後に、罠の復旧と扉の対策工事を

      しました。

       

       今日もカインズさんに行って、買ってきたワイヤーとリングと使って・・・。

       

       両開きの扉のうち、片側はワイヤーで完全に閉じて固定しました。

       

       イノシシが入った時にトリガーで扉が落ちる側は、ストッパーに着脱可能な

      ワイヤーを、ストッパーにドリルで穴を開ける事で取り付けました。

       

       このワイヤーで引っ張ってやる事で、一度落ちた扉は、引っ張られたストッパーが

      引っ掛かって開くことはありません。

       

       何度か扉を落として実験してみたので、たぶんアドバイス通りにワイヤーを

      かける事が出来たと思います。

       

       箱罠の中へ誘導するように、いい香りがするサイレージを撒いておきました。

       

       ブヒ君の欠員を補充して、これからやってくる次のイノシシを歓迎する準備は

      完了です。

      Calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>
      PR
      にほんブログ村
      人気ブログランキング
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM